一味違う毎日に。 料理にはスパイスを。日常にはスペインを。
Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

スペインニュース

なかなか聞かない「スペインニュース」をあなたに。留学生ジャーナル。

スペイン約1年の無政府状態脱出で起きた悲劇

スペイン政治

右派政権決定と左派の分裂

これまでスペインは2015年12月、2016年6月の総選挙を経て、約11カ月政権不在が続きました。

しかし、昨日10月29日の国会投票にて国民党(Partido Popular/PP)のラホイ政権が支持170票、反対111票、棄権68票、そして辞退1票という結果を得て、与党に決定しました。

何故こんなにも政権不在が長引いたのか?

  • 2009年から問題となっているグルテル汚職問題裁判により、前政権の国民党(PP)の関与が次々と明白になり、国民不信が広がった。
  • 左派 社会労働党(PSOE)VS 右派 PP という構造から、
    左派にUnido Podemos(We can党)、右派にCiudadanos(公民党)が加わったことで、
    ⇒2回の選挙とも過半数越えする党が出ず、大きく4つの政党に票が分散したこと。
    第一回と比べて、第二回選挙の結果は主要な4政党に注目すると
    PPが14議席、PODEMOSが2議席増やし、
    PSOEが5議席、Ciudadanosが8議席減らし、
    第一回と同じく、どの政党も過半数を割ることはない結果になりました。

知ってると面白い:PSOE分裂

10月9日

Gürtel汚職事件の裁判で次々とPP議員の汚職が発覚するなか、当時のPSOE代表のペドロ・サンチェスはPP政権阻止を働きかけます。

しかしながら

  1. 約一年も無政府状態になることの危惧からのPP政権反対で起こる第三回総選挙に対しての反対
  2. ペドロ・サンチェスの権力拡大との批判

から、10月9日の日曜日にPSOE間の話し合いのうえ、同代表は党首を辞任に追い込まれました。

10月23日

二週間後の日曜に再び、PSOEは党全体投票を開きます。

その結果、PSOEは国会での政権投票を棄権することが決まり、

実質保守党右派のPP政権を後押ししてしまうことになりました。

これを受けて23日の段階で、ほぼ確実にPPが政権を取ることが決まりました。

今までの二回の選挙において、

     PSOEは汚職が蔓延しているPPには政権を持たせない

ということで支持を得てきました。
つまり、棄権という決断は、支援者の期待を大きく裏切るものでした

PSOE党綱領

PSOEの党綱領には、全議員が国会内で一致した投票をしなければならない

という決まりがあります。

しかし、

ミゲル・イセタが率いるPSC(カタルーニャ地方のPSOE)を始めとした八議員が
23日の棄権決定後、
PPラホイ政権に棄権ではなく反対票を投じるとしており、党内は分裂状態となります。

棄権の選択は、支持者を裏切るだけでなく、

今後の国会での発言力がなくなることを示しているため、
                     第一野党はPODEMOSに変わります。

10月29日:国会投票

国民党(PP)のラホイ政権は

支持170票、反対111票、棄権68票、そして辞退1票という結果を得て、

誕生しました。

反対票の中の15票はPSOE議員が党綱領を破って投じたもので、今後党から罰せられるのか、ないのか注目されます。

辞退票はPSOE前党首ペドロ・サンチェスによるもので、

  1. PPへの反対:国民の支持した政治
  2. PSOE党綱領の決まり(全議員一致で棄権)

をどちらも破らずに済む方法として、議員権利を辞退しました。

涙交じりの辞退演説では、今後分裂したPSOEを立て直したいとし、党首返り咲きを狙っています。

 

問題山積みなスペイン政治、これからも注目です。