一味違う毎日に。 料理にはスパイスを。日常にはスペインを。
Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

スペインニュース

なかなか聞かない「スペインニュース」をあなたに。留学生ジャーナル。

党綱領破ったPSOE議員らのその後

さてPSOEの党綱領に逆らい、PPラホイ政権にNOを突き付けた人たちのその後です。

(過去のPSOE分裂騒動に関する記事は下に貼付)

NOを突き付けて、

f:id:spainnewsjp:20161107015807p:plain


写真 El Grupo Socialista sancionará con hasta 600 euros a los 15 diputados que votaron 'no' a Rajoy | España Home | EL MUNDO

写真の15人の議員は、

党綱領を破ったとして、通常200から600ユーロの間で決められる罰金の

             最高額600ユーロを揃って支払うことになりました。

支払うことになったのは、

7名がPSC(カタルーニャ社会党)の

Meritxell Batet, Manuel Cruz, Mercè Pérez, José Zaragoza,
Joan Ruiz, Marc Lamuà, Lidia Guinart

マドリッドを拠点としている無所属の
Margarita Robles
 と Zaida Cantera

そしてPSOEの議員6名

Susana Sumelzo (サラゴサ)
Sofía Hernanz と Pere Joan Pons (バレアレス諸島)
Odón Elorza (ギプスコア)
Mari Luz Martínez Seijo (パレンシア)
Rocío de Frutos(オレンセ)

となります。

罰金以外に、

   誰かが「追放」されるという罰が課されることは今のところ無い模様

        ですが、無所属2名の追放があるかもしれないと言われています。

また、今まで連携を図ってきたPSOEとPSCの間に亀裂が入り、

          PSCがPSOEを脱退するのではないか
                         という見方もされています。

 

*PSOE分裂関係の記事

spainnewsjp.hatenablog.com

spainnewsjp.hatenablog.com