一味違う毎日に。 料理にはスパイスを。日常にはスペインを。
Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

スペインニュース

なかなか聞かない「スペインニュース」をあなたに。留学生ジャーナル。

Podemosの将来を決める選挙:結果、イグレシアス側の勝利

Podemos内での選挙(以下23日に編集)

 

12月18~20日まで、PODEMOS内での云わばリーダー信任を兼ねた

PODEMOS内での決定の下し方についての選挙が行われました。

またPODEMOSが3年後の国内総選挙に向けてどのような政治の道を選ぶか

を決める大事なものとなります。

f:id:spainnewsjp:20161219224836p:plain

Pablo Iglesias e Íñigo Errejón, en la reunión del Consejo Ciudadano. En vídeo: Pablo Iglesias, el pasado sábado. PACO CAMPOS / ATLAS
パブロ・イグレシアスとイニィゴ・エレホン。先週土曜日。

その政治方針が党内トップ2の間で分かれており、注目されています。

1.パブロ・イグレシアス率いるPablista

  DesBorda(舵を切ろう)という運動を展開。

パブロ自身は、Podemosは様々な意見を反映する団体であるべきと考えてはいるものの

党内で何かを決定する時は、PSOEのように一致団結で皆が同様の投票をすべきという

案を出していました。

パブロ自身、

「Podemosのために提案されたうち、悪いと思える意見はなかったが、私たちは

 一番良い提案をしている。今大事なのは、一つのPODEMOSを保つこと」
                              と発言しています。

2.イニィゴ・エレホン率いるErrejonista

パブロが第一リーダーを保つ事には賛成。

ただRecuperar la Ilusión(幻想を正そう)という運動を展開し、政治方針で

意見の相違がみられる。

イニィゴ・エレホンは、PSOEまたIU(左派連合)の一致団結主義の失敗を踏まえ、

(下線:下に関連記事を貼り付けています。)

権力分散型の複数意見が台頭できるシステムを唱えています。

また

「PODEMOSの分裂を促しているのではない。これからも同じ道を歩んでいくべき」

「人で選ぶのではなくて、今後のプロジェクトを考えて選ぶべき」としています。

 

ちなみに先日、エレホンがバルセロナに彼の運動の宣伝のために来たので、
その集会に参加してみました。

Podemosは道に出て、政治に興味のない人に関心を持たせることを目標にしています。

そのうえで、彼が大事だとしていたのは人々の不満をPolitizar・政治化すること。

つまり、

不満は感情論では解決しない。政治的観点に置き換えて動かなくてはならない。

という思想を持っている人です。

彼自身、パブロとの分裂と騒がれている件について、

「自分が忠実になれと言われた時、出来る事は真実を述べる事だけだ」

と言っており、

現実をみて、向き合って、熱く(厚く)なれる政治家だと評価されています。

 

そんななか、結果が23日夕方に出ました。

パブロ・イグレシアス側が、40830票獲得(41.57%)

イニィゴ・エレホン側は38419票獲得(39.12%)

反資本主義側が10313票獲得(10.50%)

となり、

パブロ・イグレシアスの信任と一致団結型投票システムが採用されることに

なりました。

ツイッターでパブロ・イグレシアスは

「勝者も敗者もいない。これからも一つのPODEMOS、そして多様性のあるPODEMOSを作っていこう」

とコメントしています。

 

(過去の記事)

1.二人の分裂はここにも。。

spainnewsjp.hatenablog.com

2.PSOEの失敗

 

spainnewsjp.hatenablog.com

spainnewsjp.hatenablog.com

spainnewsjp.hatenablog.com