一味違う毎日に。 料理にはスパイスを。日常にはスペインを。
Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

スペインニュース

なかなか聞かない「スペインニュース」をあなたに。留学生ジャーナル。

歴史:スペインも原子爆弾の被害者だった?!

1966年1月17日、パロマレス(Palomares)というスペイン南東部で

核爆弾4つをのせたB-52機が他の飛行機に追突し墜落する事件が起きました。

f:id:spainnewsjp:20161130192920p:plain

当時は冷戦下。

ヨーロッパの各地にソ連への威嚇としてアメリカのB-52の空路が開かれていました。

事件直後:堕ちた核爆弾

f:id:spainnewsjp:20161130200049p:plain
El Mundoより La verdad oculta de Palomares, 50 años después | Ciencia | EL MUNDO

 

核爆弾自体は爆発はしなかったものの、

二つの爆弾はパラシュートが開かず、粉々に壊れた状態で見つかり、

辺りには高い放射線を持つプルトニウムが検出されました。

事件の数日後には700人もの科学者らがアメリカから、

爆弾がどこに堕ちたのか、またその爆弾を安全に始末することを目的に集まりました。

二〇〇七年の研究より:落ちた飛行機と爆弾の位置、汚染地域。

f:id:spainnewsjp:20161130194224p:plain

事件から八〇日後、海に堕ちた核爆弾が発見される。

f:id:spainnewsjp:20161130200631p:plain
El Mundoより。同記事

一九六六年二月八日、情報・観光省大臣とアメリカ大使がPalomaresの海で泳ぎ、安全を訴える。

f:id:spainnewsjp:20161130201826p:plain
Ideal esより Palomares: la Hiroshima que esquivó la mala suerte

ただ広島に堕ちた爆弾の約七五倍ともいわれていたり、

今でも地上では立入禁止区域が設定されていたり、

当時はフランコ独裁政権だったり、が関係して

本当に安全なのか、また安全だったのかは隠された真実があるのではないかと

疑われてもいます。

ラファエル・モレノ氏は二〇一〇年からのPSOEサパテロ政権の時に、

研究者が入れ替わり、安全性を一から調べなおすチームが組まれたと

El Mundoに説明しています。

 

そして現状としては

2015年の10月に、アメリカとスペイン両国の政府間で汚染された土を

アメリカのネバダへ移転するという取り決めがなされ、入替を待っている状態です。

核爆弾博物館@Palomares

f:id:spainnewsjp:20161130201528p:plain