一味違う毎日に。 料理にはスパイスを。日常にはスペインを。
Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

スペインニュース

なかなか聞かない「スペインニュース」をあなたに。留学生ジャーナル。

国民の約3人に1人が貧困状態、スペイン社会問題

さて新政権が立ち上がったスペインですが
この1年の無政府状態でたまった問題は沢山あります。

その中でも、最重要事項に含まれるのが貧困対策。

 

ヨーロッパ対貧困団体
Red Europea de Lucha contra la Pobreza y la Exclusión Social de España (EAPN)は

現在最低限の生活に達しないスペイン国内の「貧困状態」の人は、

過去最低だった2009年の24.7%を約4%も上回る

      13.334.573人(国民の28.6%)

                      に及んでいることを発表しました。

現在までとられている対策では、大きな効果が上がっているとは言えず、

   冬が近づくなかで電気代が払えない「貧困状態」の人々への新しい対策

                            が求められています。

ただ政権のごちゃごちゃと約1年の無政府状態は新対策へ影響を及ぼしています。

 

PODEMOSは、この秋からずっと

       #NadieSinLuz という活動を続けてきましたが、

党首パブロ・イグレシアスは、Podemosとその他左派政党の支持を受けても

議席は67と

「国会で法案を通すには少なすぎるため、国民の大きな支持が必要」だと訴えています。

Podemos の投稿したNadieSinLuz運動のwww.youtube.com動画。
英語の字幕にすると、なんとなく翻訳されます。

10月17日に、有権者との集会を開催する前に作られたビデオ。